映画『ガッチャマン』は大コケしても問題ない?

主演の松坂桃李、綾野剛、そして剛力彩芽と若手の注目俳優をずらりと採用した今夏話題の映画『ガッチャマン』ですが、興行成績はあまり思わしくないそうです。思わしくないというよりも、むしろ大コケの部類なんだとか。公開から2日間の合計興行収入は1億1,570万円ということで、公式サイトで謳う80億円の制作費が本当だとしたら、間違いなくかなりの大赤字になってしまいます。

ただ、ニュースサイトなどを見ていると実際には赤字でも問題ないとの、映画関係者からの見解などを載せいます。なんでもこのようなアニメの実写版映画は、タイアップ企画によるグッズの販売などで二次作品で大幅に利益を得ることが出来るらしく、映画がコケてもトータルでは問題なく黒字になるということです。今回の『ガッチャマン』もまさにそれらしく、既に多くのタイアップによるグッズが発売されています。
アニメの実写化映画はここ数年のブームとなっており、『デビルマン』をはじめ興行成績も散々だったものは多いですが、それでも実写化が今だに行われていることを考えると、二次作品の話も本当なのかなと思えてきます。ルーナ 効果