お米の炊き方は難しいです

主婦としてご飯を毎日炊いているけれど、いまだに失敗する事が多くあります。水加減一つで硬く芯の残ったご飯に炊き上がるか、それとももの凄く水っぽいご飯に炊きあがるかです。もちろん炊き上げたお米をむらっす時間によってもおいしさは変わります。微妙な水加減がいまだにつかめなく、失敗してしまうことが多いです。
http://sound.jp/car/
季節によっても水分量が大きく影響するようです。新米の季節ならまだお米の中に水分がたくさん含まれているので、いつもより少なめの水でたかなければいけません。それに対して、日のたったお米は水分が少なくなっているので、いつもより水を多めに入れなければいけないのですが、そこまで分ってはいてもやはり失敗します。

慌てていたら、蒸らす時間が短すぎたり、研いだお米を水に浸しておく時間が短すぎるものもこれまた芯の残ったおいしくないお米になってしまいます。もう主婦歴もう十年になりますが、ご飯を炊くのも本当に奥が深いとしみじみ感じます。