第二外国語はどれが難しいのか

第二外国語はどれが難しいのでしょうか。
難しい第二外国語と比較的簡単な第二外国語を挙げてみたいと思います。
難しい、簡単は個人差がありますので、ご参考程度にご覧下さい。

ここでは比較的多くの大学で設けられているであろう言語を見てゆきたいと思います。
フランス語、ドイツ語、中国語、韓国語、ロシア語をみてゆきます。

フランス語は、文法が難しく、発音がとても難しいです。
文法は英語が得意な方ならさほど難しく思わないかもしれません。

ドイツは、発音はさほど難しくありませんが、文法がとても難しいです。
複数形が単語によって異なりますので、覚えるのが大変です。

中国語は、漢字だから簡単だと思ってはいけません。
文法は比較的簡単なのですが、発音が難しいです。
いわゆるピンインというものです。
同じ音でも発音が4通りあったりしますので、難しいです。

韓国語は、文法と発音ともに比較的簡単です。
文法は日本語と似ていますので、学習がしやすいです。
ハングル文字も集中して学べば習得が可能です。

ロシア語は、発音と文法がともに難しいです。
また、キリル文字という文字も日頃は接しない文字ですので、習得が難しいです。

このように、言語によって文法が難しかったり、発音が難しかったり、両方ともに難しかったり、簡単だったりしますので、あなたにあった言語を履修なさるとよいのではないでしょうか。

オンライン英会話のビジネスコースを体験する