バック駐車をする時の注意とは

バック駐車をする時の注意とは何があるのでしょうか。
バック駐車をするのが苦手な方は少なくないのではないでしょうか。

バック運転で駐車をする時の注意をあげたいと思います。

バックで駐車をする時は基本的に体を車の前方に向けて視線は後ろを見て運転します。
ハンドルも身体の前で握っていますので、前進している時と同じ持ち方です。
そうなると、車は後進していて視線は車の後方を見ていも、体の向きとハンドルの持ち方は車を前進させている時と同じです。
後進している時に、ハンドルを右にきるとと車は後進の進行方向左に曲がります。
この逆転現象があるのがバック駐車を苦手としている一因となります。
よって、バック駐車をする時の注意は、ハンドルをきる方向と後進方向は反対側に曲がることを意識するようです。
反対側に曲がるといっても、車を上からみるとハンドルときる方向と車の曲がる方向は同じです。
運転者目線でいうと逆転現象が運転者の頭の中で生じているということです。

もう一つ注意をすることがあります。
車は曲がる時に前輪と後輪が通る場所が異なります。
前進の時には後輪がより内側を通ります。
これを内輪差といいます。
バック駐車をする時は内輪差と逆の外輪差に注意しなくてはいけません。
後進の時は曲がる方向とは逆に車の前方が外側に膨らむ形で前輪が通ります。
外輪差を意識しないで駐車をしようとすると、前方に駐車している車と接触をするリスクが生じます。

あと、バックで駐車をする時に駐車ラインに対して車を平行に止めるのが苦手な方もいます。
駐車ラインを意識するか、車の前方や後方の先の方を確認しながら止めるとラインに対して車が斜めになることを避けることが出来ます。

バック駐車をする時も通常の運転と同じように周囲に気を付けて運転をしたいものですね。

自宅の駐車場を時間帯で貸す